バルジ大作戦
すっかり投稿が遅くなってしまいましたが
先週金曜日の深夜に行われた、1大作戦のレポを
上げさせていただきたいと思います。

聞くも涙、語るも涙の物語。
時代の闇に葬り去るには、あまりにも不憫な為
ここに、したためさせていただきます。

私はその日、いつものように精製工場にてハイスチを延々と
精製しておりました。
するとそこへ、OMEGA10からの緊急入電。

これよりシドニーへ襲撃をかける!
至急東テントに集合されたし!!




えっ!?
あの~私、技官なんですけど。
最近、トラック以外に乗ったことないんですけど。


などと言うたわごとは、あっさり聞き流されて
久し振りにトロドムに搭乗し、東キャンプに向かいました。
その先に、あのような結末が待っているとも知らずに・・・



東キャンプに集合してみると、以前のシドニー特攻作戦の際
指揮をとっておられたラリーバード中尉が、今夜再び勇士を
募っているとのこと。
これはOMEGA7Helmesの仇を討つ、絶好の機会か!?
人数も既に結構集まっている様子。
戦闘経験のほとんどない私でも、多少の役に立てれば
という甘い考えから参戦決定!!
すぐさまシドニー西キャンプに飛び立ちます。

到着してみると、既にそこには連邦PCが・・・。
警報が飛んでいるだろうが、ここは一気呵成!!

ってことで、タイミングを合わせて皆同時に搭乗攻撃開始




しか~し



すぐさま我が軍以上の大部隊が・・・



えぇ、ジャイアントバスを2発撃って

チュルン(c)2006 NAMAHAGE

一体、何しに来たんだ~!!
って感じでした。(>_<)

----------
迎撃メンバーの中に、エーコト・シタルネン隊長の名前があったのですが
20日のOMEGAの投稿で知ったのですが、
Mushroom分隊のカドマツ中尉も、
同じく撃墜されているではないか!!
ここ数日で我が隊の半数が、同じ隊に落とされるとは・・・
これより対DISPATH隊強化月間に突入いたします。(^^)
----------

あまりにも呆気なく全滅させられた我々は
ここで、人生の岐路を迎える



力を蓄え、明日の復讐に期するか
武人の矜持をもちて更なる刃をもって立ち向かうか






我々は愚直なまでに武人であったようです



f0022984_14244422.jpg

マゼラ隊出撃!!w


WWⅡのヨーロッパ戦線にて敗色濃厚なドイツ軍がティーゲルⅡ型戦車を
大量に投入して行った反攻作戦を彷彿とさせるような今回の作戦。
何をして彼らは、こうも生き急いだのでしょうか?


f0022984_14341341.jpg

引率のザク先生に引き連れられ、無事に全機シドニー北キャンプに到着






さすがにもう深夜の為、ここで勇気ある撤退をする者が出るなか
f0022984_15131920.jpg

愚者が5人残った(^0^)


ラリー・バード
tomo
鈴木孫一
FCDC
OMEGA10

彼ら5人が去った後、シドニーから爆炎が見えたというが
彼らの消息は、以前不明のままである・・・・


私は今日も、工場でハイスチを精製し続けている。
しかしOMEGA10からの緊急入電は、もうない・・・

カムラン
[PR]
by Guild-Mush | 2006-02-21 15:16
<< 剣(拳)に生きる!! カドマツさんがんばってます^^ >>